アスペルガー 子ども 遺伝

アスペルガー症候群は子どもに遺伝するのか

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とはどんな障害なのでしょうか。一般的には脳の発達障害という認識が多いですが、原因は解明されていません。
明らかな知能の低下があるわけではないので、周りからは気づかれにくいです。
主な症状としては、空気を読んだ行動ができない、コミュニケーションが上手にできない、無神経な行動をして人を怒らせてしまうことが多いといった症状があります。本人には自覚がないためとてもつらい思いをしています。
以前はそこまで問題視されることはなかったのですが、徐々に性格の問題ではなく、脳の繊細な障害がある可能性が高いということがわかってきました。

 

本人が困っていなければ診断する必要はありませんが、苦しんでいたり困っていたりすればアスペルガー症候群を確認することによって、医療や福祉が手助けをすることができます。
当サイトではそんなアスペルガー症候群について詳しく解説していきたいと思います。
今回はアスペルガー症候群は子どもに遺伝するのかということについて見ていきたいと思います。

 

アスペルガー症候群は先天的のものでもあるため自分の子どもがコミュニケーションに問題を感じたりすると両親は遺伝なのかということを不安に思ってしまいます。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は遺伝すると考えられがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。
その辺について考えていきたいと思います。
アスペルガーは遺伝する確率はありますが、一つの要因に過ぎません。自分の子どもがアスペルガー症候群でも自分は必ずアスペルガー症候群ではないので、遺伝が全ての原因ではないのです。

 

ではアスペルガー症候群の原因はなんなのでしょうか。
まだそういった発達障害の原因については明確には特定がされていません。
しかし可能性としては、妊娠中になにか異常が起きる、出産時に何か異常が起きる、幼い頃の環境によって起こる、これらの原因とは別に突発的に発症するなどの原因が考えられます。
しかしどれも確証があるわけではありません。

 

遺伝ではなかったら育て方に原因があるのではないかという人もいるかもしれませんが、お話の育て方でアスペルガー症候群が発症するということは無関係にあります。

 

脳の障害での症状で落ち着きが無かったりということがありますので、育て方が悪いというふうに思われがちですが、これは違います。
子どもをお持ちの方は障害による行動なので不要な心配で心を傷つけることのないようにしてください。
どんな時も愛情をもって接していくことが一番大切なのです。

スポンサーリンク